エッチぃよ?



^2009-12-12 19:12:50

皷議2




北川先生はバイブのスイッチを校長先生に渡した


校長「ほら まず
くわえなさい瑛子先生…」

瑛「いっイヤですぅ…」

教頭「小林くんを助けたくないんですか?」

瑛「わ わかりました…」

教頭「おぉ…いきなり根元まで飲み込むとは…


女教師「ずっとしゃぶりたかったんですよね?(笑)

授業してる最中も
生徒のチンポの事でいっぱいなんでしょ?
授業中もバイブを入れっぱなしなんて」

校長「瑛子先生がただチンポが欲しいだけのスケベ教師だったなんて

そんなマンコとアナルはトロットロにしておかないと」

バイブのスイッチを゛強゛にした

瑛「わ…私バイブで…じゅ…授業の緊張をほぐしてたんです…」

校長「いけない教師ですね

そろそろ私のチンポに生活指導をお願いしますかね」

瑛「あっ ああ!
あ…はぁあああああ…ッッ」

教頭「アナルにすんなり入るとは…
これはこれから楽しくなりそうですね〜
ふふふ…」

その頃小林は会議室に引き返していた

バタン

ナツキ「先生 やっぱりわたし…!!!???

せんせ…?」

瑛「ああっ
んぐっ おっ
おぼぼっ ん゛ッッ!
ん゛〜 ん゛あ゛ぁああっ…

もっと…もっとオチンポちょ〜だいぃ〜
オチンポ オチンポ〜」


教頭「おいおい
生徒の前だぞ?
あっ…
ほら出すぞ…っ

こぼした精液もなめとってるぞ(笑)」

教頭「北川先生もどうです?
元女王様のプレイをみしてくださいよ」

北川「わかりましたわ(笑)

なら最近買ったこの極太ぺニスバンドをためしましょうか

ほら寝ててやるから
貴方が股がりなさい」

瑛「あははぁ〜
おっきぃ〜
じゃ股がらせていただきます」

北川「そっちじゃないわ
お尻の方よ
瑛子先生っ」

瑛「あっ!

う゛………う゛う!!

うはぁあああっ

ふ………お!んぉぉぉぉんっ………

ああっ ふっ 深いっ…
奥まで…奥までオチンポ来てる〜!!」

教頭「さぁ我々のオチンポもあるぞ(笑)」

瑛「あぁんオチンポうれしい…
んんっ…んん!
あぁん…っ」

ナツキ「先生…
こんなことって…………」


^2009-12-12 18:52:43





^2009-12-12 18:52:34





^2009-12-12 18:52:24





^2009-12-12 18:52:13






日記内検索
過去の日記
▼訪問者メニュー
お気に入り登録
更新メール

▼管理者メニュー
お気に入りリスト
日記編集ログイン
合計:12824 本日:1 昨日:0

ケータイNO.サイトモテカワ
┗z趨ウ料コーナ-
[ランキング作成][小説作成]
[占い][着うた][デコメ][プレゼント]

メールで更新お気軽ブログ
[s轄e][登録スル]
[ソ総合][ソ週間]


(C)モテカワ日記


Copyright(C)2007- PROJECT ZERO co.,ltd. All Rights Reserved.