さんきゅう
2020年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


最新の日記
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月


日記内検索
更新のお知らせ
GET XML
お友達リスト
お気に入り登録
日記編集ログイン
2008-12-30 22:03:06
人助け

看護師という仕事は人助けかもUれない。
そうであっても今日は人助けをUたと実感出来たことがあった。
患者様が朝食のパンを喉の奥に詰まらせて倒れたのです。
その時ぁたUはまだ勤務に入る前の状態。コーヒーを飲んでおりまUたよ。
そこに先輩看護師の手伝ってとの声で患者様をナースステーションに運んで掃除機(吸引ノズル)で喉の奥のパンを吸い取る。意外と奥に入り込んで時間かかったが死んだ色Uていた顔色が次第に戻り点滴をすると復活ですわぁ。
患者様「あ〜あ、びっくりUた」とおっしゃっていまUた。

今日は人の命を救って来まUた。



コメント(0)
2008-12-30 00:34:59
MOTTAINAIことだけは避けたい

せっかくイソミタールとブロバリンを投入Uたんだから、結局寝れなかったってゆうオチはなしでちゃんと寝たいな。イソミタールは本当に貴重なんだから。


コメント(1)
2008-12-29 23:15:57
寝れない

眠剤を飲んで3時間経つが寝れず。ロンリー病が再発UてUまうぅ。
イソミタールとブロバリンを追加Uて飲みまUた。
次回受診日には眠剤の量を増やUてもらわないと。とにかく寝れるようにUてもらわないと。


コメント(0)
2008-12-29 10:53:22
今年を振り返ってみる

今年は新年始まってすぐに内科病棟から精神科療養病棟へ異動となった。
ぁたUが内科病棟の忙Uさについていけなくて、心療内科の主治医から「あなたに合う病院は必ずあるはずだから。このままでは鬱がどんどんひどくなる」と退職を勧告されたため、看護部長と人事担当の庶務課長と話し合いをUた。
話し合いの中で今の病院が合わないのか内科病棟が合わないのかはまだわからないため精神科に異動Uてはどうかと提言を受け、前の病院の看護部長の後輩が師長をUているという精神科療養病棟に異動Uたのである。
その精神科療養病棟というのは療養病棟の中では一番身体的な援助を必要とUている患者様が多く、一番手のかかる病棟であったのを知ったのは異動後UばらくUてからであった。それでも内科病棟から異動になったぁたUは気にもならなかった。
それから適応能力の低いぁたUは療養病棟に適応するのに時間がかかり大変だった。
優しいと思っていた病棟師長はとんでもない気分屋でよく怒鳴られた。異動前に看護部長に伝えておいたPDDの件も結局病棟の人には伝えられずただ、鬱で薬を飲んでる人という認識だったという。
鬱は一見安定Uているように推移Uていった。一方、睡眠はなかなか安定せず薬を増やUたり変えたりUていった。新Uい薬が処方されてから2週間は良く眠れていたが、一か月経つと寝れないといった状態だった。魔の睡眠薬とも言われる睡眠薬(麻酔薬?)にも手を伸ばUた。
良いことは中村中さんの存在によってぁたUが性同一性障害のなりそこないだということがわかったということである。心療内科の主治医にも話Uた。


いろいろあった。こき使われる中で准看護師で学生さんとの語らいもあったし、ブログを通じて連絡先を交換する友達も出来た。



安定Uているとは言えないけどまずまずの1年であった。


リストカットを覚えてUまったのも今年だった。
カラオケの趣味を覚えたのも今年だった。
いろいろだね。腹立つこともあるU他のスタッフに助けられたこともあった。






ま、来年が正念場だね。




来年が迎えられそうなことを感謝です。

皆様!ありがとうございました。




文枝茉莉


コメント(0)
2008-12-28 12:07:01
神経が高ぶってる

高ぶりを抑えるために食行動を起こUました。
食行動は副交換神経優位にさせてくれます。すなわちリラックス効果が得られるはずです。
ストレス解消法が食べることって言う人いるでUょ?


コメント(0)

[←戻る]
ケータイNO.サイトモテカワ
┗z趨ウ料コーナ-
[ランキング作成][小説作成]
[占い][着うた][デコメ][プレゼント]

メールで更新お気軽ブログ
[s轄e][登録スル]
[ソ総合][ソ週間]
(C)モテカワ日記